CW断熱とは

従来の断熱材の弱点を補った、新しい断熱材

 

断熱材とは元来、室内と外気の間の熱を断つ役割をもつ、いわば〝熱の緩衝材〟です。
室内(または屋外)からの熱エネルギーを吸収することで、反対側に熱を伝えない仕組みになっています。

では、断熱材に吸収された熱エネルギーはどこへいくのか? どこへも行きません。断熱材の中=壁の中に残ります

冬の寒い日、断熱性の高い家で暖房を使用すれば、断熱材=保温材となり、暖房を消した後もしばらく温かくいられます。

夏はどうでしょう、照りつける太陽の熱エネルギーを日中断熱材が吸収します。夜になりようやく外気が涼しくなった頃、家の中のほうが暑い!なんて経験はありませんか? 日中吸収した熱エネルギーが断熱材=壁の中に残っているからです。

つまり、断熱材というのは冬の寒さ対策には効果を発揮しますが、そもそも夏の暑さ対策には適していません

 

CW断熱が着目した夏の暑さ対策

shanetsu

CW断熱は、断熱材にアルミ製の遮熱材を加えました。夏に車の中が暑くならないようにするアルミの日よけと同じ原理です。

断熱材が熱を吸収し蓄熱するのに対し、遮熱材は熱を跳ね返すので、夏の夜に暑くなりません。

また、断熱材の外側(屋外側)にアルミを貼り付けるので、冬の室内側からの熱はしっかりと壁の中に蓄熱されます。

 

断熱材そのものにもこだわったCW断熱

 

CW断熱の最大の特徴は断熱材に遮熱材を付加することによる夏の暑さ対策ですが、そもそもの断熱材自体にも、業界トップクラスの性能(熱伝導率)を誇る現場発泡ウレタンを使用しています。

一般的に断熱材は壁の中に詰め込まれますが、住宅の壁の中というのは空っぽなわけではなく意外にゴチャゴチャしています。当然柱がありますし、耐震補強のための筋交いや金具、さらに換気口やダクトスペースなどがあり、断熱材はそれらを避けて充填しなくてはいけません。

そのため、現在国内で最もシェアが多いとされるグラスウールや、ボード状の断熱材を現場で調整しながらつめ込んでいくと、どうしても細かい部分に隙間ができてしまいます。

CW断熱に使われる断熱材は、特殊な機械を使って複数の液体原料とガスを壁に直接吹き付け、その場で化学反応を起こさせて膨張し、固形化します。
そのため、細かい部分にも隙間無く断熱材が入り込み、ピタっと密着して固まります。

uretan

 

*もっと詳しく知りたい方は、工法解説(写真付き)をご覧下さい。